その77 【芸術家用履歴書作成講座、ポートレート写真編】

時期:2005年04月中旬                                             執筆日:2007年01月22日
今の音大(リューベック)はかなり気に入っている。先生もいい人だし、多分俺にも合ってるんじゃないかと思うし、大学の授業も、色々オペラに直接結びつくようなものが多い。前の学校(ミュンスター)がだめってわけじゃないけど、まぁあそこは教育だったわけで、今は実践ってか?学生のレベルも結構高い(と思う)し、刺激があるのはいいけど、街自体がこじんまりとしていて、雰囲気が落ち着いていて尚よい。勉強するにはもってこいの環境といえる。

ドイツも4年を迎え、大学生生活も日本のものを加えると8年にものぼると(2005年当時)、そろそろ本気で将来のことを考えないといけなくなる。そう、音楽家としてどうやって稼いでいけばいいのかということだ。


じゃあどうやって??


そこが大きな問題だ。日本で考えると、多分何かのオーディションがあって、それに受かってって感じだろうけど、でも日本で考えたときに音楽家として食べていくビジョンが浮かばないんだよね。俺が広島で育ってきて、広島しか見てないからかもしれないが。東京とかではどうなんだろうか?まぁとりあえず、そういう方向への考えが乏しかったのだ。

俺が目指しているのはオペラ歌手。ソリストがもちろん望ましい。ここに通ってる歌の学生の大半がそう思ってるから、なんとこの学校には就職に役立つセミナーのようなものが、授業の一環として行われてるのでした。

講師の名前はシュレーダーさんといって、当時のドイツ首相と同じ名前の人。親戚でもなんでもありませんが。

彼のセミナーは何日かに分かれて行われ、まずポートレート写真という名の講義に参加。なんじゃそりゃ?最初の日に説明が行われた。要約するとこんな感じになる。

『ドイツでソロ・オペラ歌手として活動するには、ほとんどの場合どこかの音楽事務所に所属する。音楽事務所が、劇場へのオーディションの話を持ってきてくれて、そこから受けることができるのだそうな。その音楽事務所へ所属するにもまずはオーディションがあり、それに通るのも難しいらしい。今は歌手が飽和状態にあり、事務所もオーディションに呼ぶ歌手を書類の段階で大幅に選別するのだそうな。今回のセミナーでは、そのための履歴書作りであり、初日は履歴書に載せるためのポートレー写真撮りだそうな。』

俺は今までそんなことまったく知らなかった。なんとも難しい世界だし、よくのん気に「オペラ歌手になるぞ!」って思ってたもんだ。

とりあえず学校は休みの日だったので、説明を一通り聞き終え、休憩時間をはさんで写真撮影に入ることに。みんな正装を用意していたので、それに着替え撮影開始。撮影といってもそんな大掛かりな照明や、ン十万もするカメラなどは使わない。そこらへんの一般家庭にありそうなコンパクトデジタルカメラで撮れるのだ。意外や意外。

女の子たちはやはりドレスアップの仕方とかが違うねぇ〜。化粧もばっちりだし。俺たち男共はちょっとシックにスーツって感じだ。そのドレスアップの仕方も色々あり、講師の先生がアドバイスしてくれた。この色とこの色の組み合わせがいいとか、ここの服のラインはこういう風に見せたほうがいいとか、なかなか参考になった。そうそう、彼は音楽事務所と関係のあるところで働いていて、履歴書の選別とかもしたことがあるのでわかるのである。

俺はまずオーソドックスにスーツに白シャツ+蝶ネクタイ。普通に正面から撮ってると、

「表情が硬いよ〜。きちんとカメラに向かってアピールしてー!」

などといわれ、笑顔を作ることに。これがまた難しい。なんか不自然な笑いになってどうもイカン。デジカメなのですぐに撮って見れるし、消去も簡単なので何枚も何枚も撮る。次はポーズを変える。椅子に座ってひじをついてちょっと斜めに構えて撮ってみる。これまた笑顔が難しい。何枚も撮る。

次は服をちょっと変えてみる。上のジャケットを脱いで、もう一枚持ってきてた濃い青シャツを着る。ノーネクタイでシャツの上をちょっと開ける。ラフな感じになった。この服装でもいろんな表情やポーズの写真を撮った。

参加者は全部で5人。全員の写真撮影が終わると、先生のノートパソコンを使って写真を確認、修正作業へ。この作業が面白い!簡単な作業で普通の写真がプロっぽく見えてしまう!あまつさえ、顔のしみとかまで消せてしまうのだ!これはちょっとした詐欺じゃないのか?とも思えるのだが・・・。

そして出来上がった写真たちをCD−ROMに焼いてくれてそれぞれが持ち帰ったのでした。この後にも履歴書自体の作成講座もありますが、その話はまた次回に。


写真1:修正をいれまくって、白黒にしたポートレート写真
写真2:違う服装で写真撮影
写真3:しわを伸ばすため、写真に写る範囲外でがんばる参加者


Copyright (c) 2006 Tadahiro Masujima. All Rights Reserved
inserted by FC2 system