その66 【へにょへにょロシア語編】

時期:2004年11月07日                                               執筆日:2006年04月09日
日本での友人の結婚式に参加し2004年10月18日にドイツに戻ってきた俺は、11月7日にあるコレペティの先生の企画するコンサートに向けての練習にせっせと参加するのでした。

授業は10月頭から始まっているので授業にも向かい、それと同時にコンサートに向けてラストスパートをかけていた。今回の演目の目玉はショスタコーヴィッチのソプラノ、アルト、テノールのための曲。しかもロシア語で。そんなん無理・・・。

とりあえずCDを耳コピ耳コピ・・・。でもやっぱりわからん。先生と一緒にやってもどうもしっくりこない。ロシア語の辞書で調べてみても、やっぱりちゃんとはわからない。もうどうにでもなれ!とほぼ投げやりで本番を迎える。

まぁなんとかこうとか歌いきり、客もドイツ人なので理解してる人も少なく、ガーっと歌ってそつなく終わりました。

やっぱり語学は大切だなと思いました。マル。


Copyright (c) 2006 Tadahiro Masujima. All Rights Reserved
inserted by FC2 system