その57 【特別編その7】

時期:2004年09月02、07日                                            執筆日:2006年02月11日
――――――――――――【イタリア語学研修記8】 2004年9月02日(木)――――――――――――


なぜか昨日、手の人差し指の先っぽにすいばり(トゲ)が刺さり、ものを書くのも、こうやってキーボードを打つのもつらい状態。しかも入り方が微妙で取れないんだこれが。なので今日はこの辺で。


――――――――――――【イタリア語学研修記9】 2004年9月07日(火)――――――――――――


4に書いたコンサート、そういえばその後のことを書いてなかったねぇ。もう過ぎてだいぶ経つけど、とりあえず思い出して書いてみよう。コンサートでは日本人5人とどこの国か分からない人が一人歌ってました。そしてその中で男は俺一人。あとはみんなソプラノでした。

歌ったところは恐ろしく狭く、15平方メートルくらいか?
ピアノがあって椅子が30個くらい置いてあってもういっぱいって感じ。そんなところで他の人はオペラのアリアとか歌うもんだから、もううるさくてうるさくて。かわいらしいイタリア歌曲とか歌ってる人もいたなぁ。やっぱりこういう小さいところでは頑張らないほうがいいよね。

作曲家の人が書いた曲はあまりにも高かったので手直ししてもらって、本番はなんとかまともに歌うことができました。出来もまぁまぁで、よかったんではないでしょうか?でもこの曲を他の場所で歌うことはないでしょう。

さてさて俺のイタリア・フィレンツェでの生活も残すところあと3週間をきりました。終わりが見えてくるとなんか寂しくなってくるよね、いろいろ。語学も中途半端で帰るし、なんとなくいやだけどいるうちになんとか詰め込んでがんばります。


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


研修記8はあまりにも短かったので9もつけることに。とげはどうやって取れたんだったかな?自然に取れたんだったかな?

9にも書いてあるけど、場所に合った選曲ってのも大切だよなーと思いました。教会でオペラアリアをガンガン歌ってもなんだかって感じだし、逆にオペラ劇場で宗教曲を歌ってもなんか感じが違うし。



今日の写真一枚目は行きつけの本屋の二階にあるカフェのガトーショコラ(?)とカフェラテ。よくここで勉強しました。





              二枚目はサンタ・マリア・ノヴェッラ教会のステンドグラス。




三枚目は前回に引き続いて猫ちゃんの後姿です。この後姿好きかも。


Copyright (c) 2006 Tadahiro Masujima. All Rights Reserved
inserted by FC2 system