その1

時期:2001年01月頃                                      執筆日:2005年10月18日
そうさねぇ、どこから回想しようか。とりあえずドイツに来たあたりからか?いや、来るちょっと前くらいにしよう。

ドイツに来るきっかけは、日本で通ってた音大に講習会でドイツ人の先生が来たことに始まる。当時俺は大学4年生でその後の進路もきちんと決めておらず、何の気なしに「ドイツ留学したらかっこええなぁ・・・」と考えて、その先生に果敢にアタックしていたのでした。「ドイツに行きたいんすけど!」←もちろん先生の通訳を通して。

講習会が終わり、その先生はドイツに帰ってしまったんだけど、通訳をしてくださってたドイツ語の先生を通して実際にドイツに行く方向で話を進めてもらっていたのだが!!その頃の俺のドイツ語の成績は真っ赤な点がついてしまうような恥ずかしいものだったので(しかも追試ですら落として再履修してるし)、卒業間近の1月に大阪にあるドイツ語専門の語学学校「ゲーテ・インスティテュート」の集中コースに4週間通いました。当時は兵庫に叔母がいるのでそこから通ってたのだけど、電車を乗り継いで毎日片道1時間半はきつかった・・・。あれ?1時間半だったかな。。。?よく覚えてないや。とりあえず長かった、と。それもなんと!!最近話題になったアレですよ、宝塚線ですヨ!俺が通ってる時にそれが起こったとしてたら・・・。ブルブルっ!怖すぎる!

さて、とりあえずそうやって語学を少しでもましにしようと思って通い、色々な留学の手続きも着々とこなし(実際はかなりドタバタしてたような気も・・・)、2001年4月に渡独を果たしました。そして降り立ったのがドイツはフランクフルト空港。海外旅行はこれが生まれて2回目。=飛行機乗った回数。一人で海外に来たのは初めて。フランクフルトから俺が向かう予定のミュンスターは電車で約4時間(だった気がする)。とりあえず英語はからきしというか大嫌いだったので、痛いドイツ語と身振り手振りで電車のチケットを買い、電車に乗り込みました。その時初めて外国のお金を使って「なんかおもちゃみたいだなぁ〜」と思った記憶がある。

なんかすごく長くなりそうなのでここで一旦切ろう。また夜にでも書き足すかな。


Copyright (c) 2006 Tadahiro Masujima. All Rights Reserved
inserted by FC2 system